絵空事日記

オタクの独り言的ななにかです。虚言妄言くだらないことをつらつらと書くと思いますがご容赦ください。

斎藤真尋 生誕祭

今日は僕の主現場であるわれプワのハラペコイエロー担当、斎藤真尋さんの生誕ライブでした。


改めて思い返すと、自分が初めてわれプワを見たのは6月の前半にあった日比谷の野外フェスだったわけですが、あの頃はメンバー全員を把握できていませんでした。

というのも、そもそもライブに行くことになったのがその少し前に誘われたからで、ライブ映像は一通り見たけど満足に予習できていないような状態でした。

でもそんな状況で臨んだライブは望外に楽しく、声優オタからアイドルオタへと転身し、1月後には推しに別れを告げる事態にまで発展しました……。

その少しあとに段々と曲を覚えたり、メンバーの顔と名前が一致するようになりました。

いちばん最初に認識したのは勿論柴田あいこさんなわけですが(笑)


それで、実は真尋はかなり早い段階でチェキを撮りに行っていまして、きっかけは入場特典のランダム2Sだったんですけど、元々興味はあったんです。

何故かと言うと、元々の推しが黄色だったから()

メンバーの中でいちばん最近加入した子だったってこと。

今でこそ現場に通って知り合いが増えましたが、通い始めて2・3週間程度しか経ってなかった当時はほとんど知り合いがいない状況で、なんか仲間意識が(笑)

それと、Twitterにアップしてたおじゃま虫の動画ですね!


初めて接近した時の感想は『笑顔が素敵』でした。

今でもずっと思ってるし、それこそ生誕のメッセージカードやTwitterでも何度も言っているんですけど、真尋の笑顔が好きなんですよ。

元々女の子の笑顔に弱い僕ですが、真尋のフニャっとした笑顔は和みます。めっちゃ癒されます。

それからわれプワのメンバーと接近1周して、結局落ち着いた先があいちゃんで、そして真尋なんです。

自分が思ってた以上に撮っていて、接近しに行きたくなっちゃうんですよね。

みんなに追いつくために頑張らなきゃって思ってることは知ってますし、歌もダンスも苦手だって思ってるのも知ってます。

そりゃ上手いに越したことはないでしょうけど、僕は真尋の歌もダンスも好きです。

上手下手関係なく一生懸命なのは伝わってきますし、メンバーの話を聞いてても凄く真剣にアイドルやってるのがわかるからです。

ポジション間違えることも何度も見てますし、真尋だなーって思うんですけどそれを含めて個性だと思いますし、勿論そのままじゃいけないとは思うので今後の課題だとは思います(笑)

われプワの現場というか、アイドル現場に通い始めて2ヶ月経ったばっかのヒヨッコが何を言ってんだかって感じでごめんなさい……。


結局何が言いたいかというと、これからもっともっと真尋が成長していくところを見たいなってことです。


僕もオタクとしてもっと伸びるように頑張ります(笑)

プ宙人3ヶ月目ですが、これからもよろしくお願いします。


真尋誕生日おめでとう!