絵空事日記

オタクの独り言的ななにかです。虚言妄言くだらないことをつらつらと書くと思いますがご容赦ください。

メガミ復活祭

記事を書くこと自体久しぶりな上に、かなり遅くなりました……。

 

今回は先日8/27にTwinBoxAKIHABARAで行われたメガミ復活祭についてです。

ライブの情報が発表されてからずっと、思わせぶりなタイトルにツイート内容、これはおそらく戻って来るんだろうなと薄々感づいていました。

 

迎えた当日、スタートはフリカケ≠ぱにっくから、その後まじばんchで最後にメガメガミ。

個別に書こうかと思ったんですけど、今回はメガメガミだけで……。

ひとことで表しますと、フリぱにはコールや振り付けを覚えてきたこともあって最近すごく楽しいですし、まじばんは前日の表参道のセトリがエモかったんですけど、この日は偏差値ゴリゴリ下げてくる頭悪い感じが最高に楽しかったですね!

 

迎えたメガメガミの出番。いつものBGMが流れ出し、1番最後に出てきたのはゆずでした。わかってはいてもやっぱり嬉しいことに違いはなく、思わずコールが飛んでしまいタイミングをミスったりするくらいには気が動転してました(笑)

いつか戻って来る、そう思ってましたがまさかこんなに早くまたステージに立つ姿が見られるとは思っていなかったし、イキナリのデビュー前の話を聞いていたこともあって、公式のツイートでもあった「本来の姿」である5人のメガメガミを見て感じ入るものがありました。何よりゆずがそこにいるのが自然に思えたこと、新衣装を見るのは初めてのはずなのになんの違和感もなかったことが素直に嬉しかったです。

その後のMCのグダグダした感じがまたメガミらしくていいなとも思いました(笑)

 

続いて、思わせぶりなサプライズと呼べるのかも怪しいサプライズの次に楽しみにしていた新曲についてですね。

ダンスの振り付けに関してはたまたま話を聞く機会があって、のらくらが担当してくれているという話を伺ってました。まじばんのダンスはカッコイイし、振りコピしててすごく楽しいのでその時からずっと期待してました。またその時に、タイトル通りオタクとメガミが闘う曲だから、歌唱パートと間奏(オタクが好き勝手やるところ)で半々くらいあること、センスのあるオタクに頑張ってもらいたいという話もされたのでお披露目を非常に楽しみにしていました。

その上で新曲を見たわけですが、物の見事に予想を超える出来栄えで膝が震えました。

今までは可愛さの主張の方が多いイメージでしたが、新曲はかっこよさの方が際立った曲でダンスがそれに拍車をかけているなと。

新曲の感想と同時に、「のらくらすげぇ……ありがとう」という畏れと感謝の念が湧いてきてました(笑)

ただ、間奏が思っていた以上に長く、その場でパッと思いついて入れられるようなものがなかったのでどうしたものかと悩みました。そもそもインパクトが強くて尺のカウントも忘れていた程なので、2回目はもう振りコピに専念しようといった腹積もりでした。

オタクと相談してたらMCを聞けと愛望に怒られてしまいましたが……。

 

愛望、ごめんなさい。

 

そんなわけでMIXに関してはYouTubeに動画が上がってからじっくり考えようかなといったところです。

 

 

最近すごく考えるのが、別に最初期から追っていたわけでもなく、更に言うとわれプワとほぼ同時期に追い始めたにも関わらずどうしてここまでメガメガミに入れ込んでいるんだろうという疑問です。

知り合いの方々で真剣な人は最古参だったりするわけで、本当に人がいないような時期を経験してきているので思い入れもあると思います。

じゃあ自分は?となると、やっぱりオタクとあれこれ考えながら好き放題やってライブを楽しんでいることが大きいのかなと。それに加えて、最近人が増えたとはいえまたまだ日によってばらつきがあり、コールの主導が出来るオタクが少ない日なんかがあったりして、そういう日に盛り上げたいって思うし、今までそういった経験がなかったのでそういった新鮮さもあるのかもしれないと思いました。

後はやっぱりこれからまだまだ伸びると思うので成長していく様子を側で見ていたいし、自分らで盛り上げてもっとオタクが沢山集まる今以上に楽しい現場にしたい!って思いもあると思います。

新曲のMIXもそうだし、ヒカリタイマーもっと楽しみたくないかとか、ここはいつもアレ入れてるけどコレやってみたくない?とか、そういった試行錯誤が楽しいし、ライブに行ってない時でも考えたりすることが沢山あることが大きいように感じます。

 

来月はメガメガミの初遠征ですし、ゆずが加わって5人揃っての活動が始まりますし、これからが楽しみでしかないです!