絵空事日記

オタクの独り言的ななにかです。虚言妄言くだらないことをつらつらと書くと思いますがご容赦ください。

桜葉ほののについて

ある日、オタクに聞かれたこと。

「なんでそんなにあの子のことが好きなの?」



ある時、僕のことをよく知るやつに言われたこと。

「まさかあの子にガチ恋するとは思いませんでした」



この手の質問めちゃくちゃ聞かれるんですけど自分でもよくわかってないのですごく曖昧です。なのでちょっと文章にしてみましたが、結局よくわかんなかったです🙄
それでもよければ駄文ですがお付き合いください。

今は完全に桜葉ほのののオタクですが、初期の僕は違いました。僕がイキナリの時に通い始めたきっかけは西野愛望でした。今でこそほののが前に立ってMCを仕切ったり、煽ったりすることが増えましたが、あの時は愛望がグループを牽引していました。だからこそ一番目を引かれたのも愛望であり、僕がチェキを撮るようになったきっかけも愛望が話しかけてくれたからでした。

冒頭のオタクの話その2はメガメガミ最古参の僕の後輩なんですが、僕が元々推していた声優も、そもそもわれプワの推しが柴田あいこであることも知っている彼からすると、ルックスで言うなら西野愛望がストライクゾーンド真ん中だと思っていたみたいです。

「先輩がガチ恋するなら柴田あいこか西野愛望だと思っていました」

と言われましたし(笑)。

きっかけがあったとすればやっぱりチェキを撮るようになったことだと思います。初接触は早かったんですけど、ほのとだけチェキを初めて撮ったのはだいぶ後でした。今でこそ狂ったように好き好き言ってますが、当時はそんなこともなく(それはそう)普通にかわいいなと思ってる程度でしたし、自分でもこんなに好きになるとは想像もつかなかったです。

ほのと話してる時はただただ楽しかったです。1分なんてあっという間に過ぎ去ってしまうので本当に時間が惜しかった。今でも相当面倒臭いやつだと自分でも思いますし申し訳ないとは思うんですが、昨年の9月からファーストワンマンまでの面倒臭かった僕を知ってる人はご存知の通り、毎回愛望とほののと撮っていたのであの頃はまだ抑えられていたんですが、ワンマン以降はもうチェキの枚数に歯止めが効かなくなりましたね(笑)。

年が明けて、アイドルとして一皮も二皮も剥けてライブ中の表情だとかパフォーマンスにも磨きがかかって余計目が離せなくなりました。メイクも上手くなって本当に可愛くなったと思います。出会った頃から可愛かったんですけどね!
ライブの回数を重ね、遠征やオフ会なんかの思い出が増えるにつれて、今まで見たこと無かったような一面だとか沢山のほのの表情が見られて、とにかく見てて飽きないよなって1年半近く見ている今でも強く思います。

結局のところ、真面目で、頑張り屋で、意地っ張りで、頑固で、サバサバしてて、だけどすごく女の子っぽくて、笑いのツボが変なところにあるし自爆する、笑顔が可愛くていつも絶えない、自分の理想を目指してひたむきに全力でアイドルをやってる桜葉ほののだから好きなんだと思います。
一目惚れではなかったので全部ひっくるめて好きなんだってことだけはハッキリ言えます。

あまり書くと手紙と内容が被りそうなのでここら辺で止めておきます。
以前オタクに書いてほしいって言われてずっと放置していたどころか、ブログの更新自体止まっていたのでこの機会に書かせてもらいました。

ほののが刀鍛冶気質だっていう話とか、ガチ恋同士の地獄のようなガチ恋談議とか、ほののことに関しては書けること山ほどありますがそれはおいおい……。

他界したり推し変したりドルオタの心は移ろい易いですが、僕はこれからも不変でありたいと思ってます。


ほのの誕生日おめでとう!